読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じぶんメモ

プログラミングのメモ、日常のメモとか。

VMからvagrantのboxを作成する

1.vagrant用ユーザ設定をする

ゲストOS(VM)側で作業をする。 vagrantユーザを作成し、sudo設定をしておく。

# groupadd vagrant
# useradd vagrant -g vagrant -G wheel
# echo "vagrant ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL" >> /etc/sudoers # sudo設定
# passwd vagrant
ユーザー vagrant のパスワードを変更。
新しいパスワード:←vagrantと設定する。警告が出るかもしれんが無視
# visudo
Defaults requirettyをコメントアウトし、sudo するときのTTY要求をしないようにする。

2.sshの設定をする

ssh用の鍵の設定をする。

# mkdir -pm 700 /home/vagrant/.ssh
# mkdir -p /vagrant
# wget --no-check-certificate "https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub" -O /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
# chmod 600 /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
# chown vagrant:vagrant /home/vagrant/.ssh

3.ネットワークの設定

ネットワークアダプタの設定をしておく。 vagrant up時のインターフェースマッピングエラー防止。

# ln -s -f /dev/null /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
# rm -rf /dev/.udev/
# rm -f /lib/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules

4.boxの作成

ホストOSに戻りboxを作成する。

# vagrant package --base vm名

5.作成したboxの使用法

# vagrant box add box名 作成したboxファイル名
# vagrant init
# vagrant up

参考文献

Vagrantのネットワークが起動しないときは · THINKING MEGANE